ステッカー印刷に使う素材とは?

ステッカーをつくる時に使われる用紙には、色んな種類があります。どんなステッカーを作るかにより、どの素材の用紙を使うか変わるようです。なので、下記の種類を確認して、ステッカー印刷を行う素材を選んでみてください。すると、宣伝しやすいステッカーが作れるかもしれないので、確かめてみましょう。

様々な素材の用紙で作られたステッカー

  • 人気な素材であるアート紙ステッカー
  • 質の良い上質紙ステッカー
  • 強度の高いクラフト紙ステッカー
  • 合成紙を使用して作るユポステッカー
  • 金色のゴールドステッカー
  • 裏側が銀色のシルバーステッカー
  • ロゴ以外が透けている透明ステッカー
  • 立体的に見える立体ステッカー
  • 優れた耐久素材のPVCステッカー

宣伝効果もあるステッカー印刷を行い業務効率UPに役立てよう

宣伝に活用出来るステッカー

商品のラベルなどに多く活用されているステッカー。会社などでは、使い勝手の良い様にすると同時に安全に使用する為に、色んな機器に貼られていることもあるようです。それに、貼っておくだけでステッカーは、広告にもなる等、様々な活用方法があります。そのため、店舗がオープンする際に、店名ロゴが入ったステッカー印刷を大量に行い、広告目的で活用することもあるでしょう。そのステッカーが人気店のモノだと、カバンなどの目につきやすいモノにオシャレとして張る方も多く、ステッカーだけで宣伝活動出来る仕組みになります。なので、宣伝に時間や人手が要らなくなるため、会社の業務効率も上昇するかもしれませんね。

ステッカーとシール

ステッカーとシールが別物だと認識している方は、どれくらいいるでしょう。色んな広告に使われている両者ですが、使用方法に違いがあります。まず、ステッカーは、外で使用しても大丈夫なようになっていて、雨風などの水や風圧と日光による日焼けに強いモノになるようです。素材やステッカー印刷の方法にこだわっているため、長期間の使用も可能になるでしょう。それに比べて、シールは日焼けなどに弱く、雨風にも強くないので、室内で使用されることが多く、短い期間でしか使用できなくなっています。ただし、シールはその分、大量に生産可能なので、1枚1枚の金額がお得になるようです。

ステッカー印刷に適した用紙について

使う用途によって、ステッカー印刷する際に使用する用紙のピッタリ具合が違います。なので、裏側が銀色になって透けにくいタイプの用紙やツルっとして発色も良いタイプの用紙など、ステッカー印刷に使用する用紙は様々です。どの用紙が良いか分からない場合は、ステッカー印刷を行っている専用の会社に聞いてみて、自社のステッカーに合う用紙を探してみるようにしましょう。

シール